大うつ病とうつ病の違いとその診断基準

心の悩み相談 西新宿カウンセリング

東京、新宿のカウンセリングルームです。心の悩み(傷つきやすい性格、自己嫌悪、対人恐怖、うつ気分、いじめ・虐待など)で疲れた心を癒します。スカイプカウンセリングにも対応しております。

開室日:月曜日・水曜日・木曜日・土曜日 11時-20時

お問合わせ / カウンセリングの予約 / アクセス

TEL: 090-1836-0138

(電話受付:開室日の10時~20時)

大うつ病とうつ病の違いとその診断基準

dsm.png

 

今回は、うつ病の診断基準について書きます。

 

ところで、大うつ病とうつ病はどう違うのと思われる方がいらっしゃるかもしれません。
大うつ病は、正式には「大うつ病性障害」の略で、これはDSM5のMajor Depressive Disorder の訳です。このmajorを「大」と訳しているのでしょうが、要は、大うつ病とは、「普通のうつ病」のことです。決して、重症うつ病ということではないので、診断名にそうかかれても驚かないでくださいね。

 

うつ病の診断を決める9つの症状

 

以下の症状のうち 5 つ (またはそれ以上) が同一の2週間に存在し、病前 の機能からの変化を起している; これらの症状のうち少なくとも1つは、1 抑うつ気分または 2 失快楽である。 注: 明らかに身体疾患 による症状は含まない。

 

1. 抑うつ気分

 

2. 失快楽(今まで好きだったものに関心が持てなくなる)

 

3. 体重増減 (食欲減退もしくは過食)

 

4. 不眠または過睡眠

 

5. 焦燥感 (焦り)

 

6. 易疲労性、または気力の減退。

 

7. 無価値観、または罪悪感

 

8. 思考力や集中力の減退、または決断困難

 

9. 自殺念慮

 

神経症としての抑うつ気分もありますが、精神的な葛藤以外にもし上の診断基準に合致する症状が出てきたら、カウンセリングだけでなく、精神科を合わせて受診することをお勧めします。なぜなら薬が助けになるからです。

 

 

傾聴カウンセリングを受けたい方はこちら

コラム全記事はこちら