攻撃的な人とカウンセリング場面でどう向き合っていくか

心の悩み相談 西新宿カウンセリング

東京、新宿のカウンセリングルームです。心の悩み(傷つきやすい性格、自己嫌悪、対人恐怖、うつ気分、いじめ・虐待など)で疲れた心を癒します。スカイプカウンセリングにも対応しております。

開室日:月曜日・水曜日・木曜日・土曜日 11時-20時

お問合わせ / カウンセリングの予約 / アクセス

TEL: 090-1836-0138

(電話受付:開室日の10時~20時)

攻撃的な人とカウンセリング場面でどう向き合っていくか

今日は、月例のカウンセリング研修会の日でした。

 

はじめに一人の参加者から問いかけが出て、前半はその答えをコーチも含めてみんなで考えることになりました。

 

攻撃的な人にカウンセラーはどう対応したらいいのかという話になったのです。

 

傾聴をベースにしたカウンセリングでは

 

傾聴をベースにしたカウンセリングを学んでいるので、攻撃的な人をも受けとめていくことが大切だということにはなったのですが、どう受けとめていったらいいのかが難しいところであります。

 

その中でやはりコーチが話されたいくつかの点が心に残りました。

 

つまり、

 

攻撃自体はカウンセラーであっても受けとめられないかもしれないが、攻撃せざる得ない相手の気持ちを受けとめ、理解しようとすること、はできるのではないか。

 

また攻撃する人であっても、実はそんな自分を受けとめてほしいという願いを持っているのかもしれないので、そういう視点を心に留めておきながら向き合うことが大切なのではないか。

 

また、カウンセラー自身が嫌だと感じたなら、そのことを相手に伝えてみてもいいということ。その際は相手に言い返すのではなく、自分の気持ちを伝えてみること、例えば「そんな風にきつく言われたら、わたしはつらくなっちゃうのです」のように。

 

あからさまに攻撃する人を面接したことはまだないわたしですが、今日学んだことを覚えておいて、攻撃してくる人にも、その存在を受けとめられるカウンセラーになりたいと思った今日の研修会でした。

 

278790.png

 

 

60分傾聴カウンセリングを受けたい方はこちら

コラム全記事はこちら