自己肯定感の低さの原因は、ほとんどの場合、親からの虐待や偏ったしつけ、過酷ないじめなどのトラウマ体験です。

 

人は大切な人や周りの人から存在をないがしろにされ続けると、自分の存在を自らないがしろにするようになってしまいます。

 

自己肯定感の低さの本質は、自分の存在を大切にできなくなるということです。

 

別の言い方をすれば、自分の存在を自ら否定し、蔑視することなのです。

 

それが原因となって、成人してからもずっと生きづらく、人間関係の悩み、心の傷、神経症等に悩まされることになります。

 

そもそも自己肯定感とはどういったものでしょうか?

 

自己肯定(感)とは、自分自身が無条件にあっていいと思えること、その感覚のことです。

 

あなたが全く役に立たなくて何にもできなかったとしても何も持っていなくても、それでも、そんな自分自身がこの世の中に存在していていいと思えることです。

 

「肯定」と混同されやすい異なる言葉に「評価」というものがあります。

 

評価とは、周りの人もしくは自分自身の存在を「条件付きで」認めることです。

裏を返せば、何らかの条件を満たしていない場合は、「あなたは存在していてはならない」ということになります。

 

しかし評価の条件は場面や状況、人によっても様々ですので、何か(誰か)の評価自体はころころ変わるものです。

人の評価に依存して自分を認めていると、それに振り回されることになります。いつも条件からの脱落の不安と恐れとが付きまといます。

 

それに対し、肯定とは、あなたが自分自身の存在を無条件に認めるということです。

(条件付きあるいは相対的肯定はすでに評価です。)

評価や比較の対象になりえず、ただただ無条件にあっていいとされるもの、それがあなた自身の存在なのです。

人は自分自身の存在の無条件性に気づき、なんら評価せずに肯定できて、はじめて安心できるし、安定するのです。

 

自己肯定感を持てるようになるために必要なことは?

 

そのために必要なことは、今と過去を行き来しながら、いままで大切にされなかったがゆえに意識の奥に抑え込んできた自分の「感情や気持ち」を言葉にしていき、それを取り戻すことです。

 

というのも「感情・気持ち」こそは「あなた自身」だからです。

 

感情・気持ちは、いいもわるいもなく評価や比較の対象ともなりえない、ただただ肯定されるべきものとして存在しています。

 

人は自分自身の感情・気持ちに気づき、それが明確になっていくことで、それを受け入れ、大切にすることができるようになります。

 

このプロセスを通してあなたは少しずつ、あなた自身の存在をどんな自分であれ「そのままの自分」としてなんら評価することなく、あっていいと思えるようになるのです。

 

それが、自己肯定感が上がっていくということです。

 

自己肯定感を上げるための最良の方法はカウンセリングを受けること

 

しかし、抑え込んできた自分の感情・気持ちを言葉にしていく作業を一人でやるのは難しいです。

 

もしあなたが、いままで自分の「感情・気持ち」=「したい」を家族や周りの人から大事にしてもらえず、「ルール・教え」=「ねばらない」ばかりを教え込まされてきたとしたら、自分の本当に「したい」がどこにあるのかさえわからないかもしれません。

 

それは無理もないことです。「したい」を抑えて「ねばならない」に従うようにする習慣を身につけてしまっているのだから。

 

あなたが自分の「したい」=「感情・気持ち」に気づき、それを尊重し大切に扱えるようになるお手伝いするのがカウンセリングです。

 

カウンセリングが効果があるのは、カウンセラーが、あなたの話の聴き役を通して、あなたの鏡になることができるからです。

あなたの「感情・気持ち」の動きを映し出す鏡です。

 

あなたはその鏡を通して、「そのままの自分」を知り(「感情・気持ち」に気づき)、自分の存在を尊重し、大切にすることができるようになっていくのです。

 

これにともなって人間関係の悩み・心の傷・神経症は解消・改善していきます。

 
 

西新宿カウンセリングは、安全で暖かな人間関係(コミュニケーション)を通して、自己肯定感がもてるようになり、あなたがもっと楽にあなたらしく生きることができるようお手伝いをするカウンセリングサービスです。

 

コラム関連記事:

気づかずに放置しているトラウマが、生きづらさの原因になっている人たち

「自分いじめ」をやめるのに必要なこととは?

いじめ体験・いじめ後遺症を克服するためのカウンセリング

トラウマ治療のカウンセリングは症状をなくすことが目標ではない

罪悪感なんて持たない方がいい~あなたの回復を妨げているもの

 

 

 

傾聴カウンセリングを受けたい方はこちら

コラム全記事はこちら